iPS細胞で作った網膜シート 今秋にも世界初移植へ

iPS細胞で作った網膜シート 今秋にも世界初移植へ

神戸市の病院がiPS細胞で作った網膜シートを目の難病患者に移植する世界初となる手術を秋に実施すると発表しました。

 移植手術の対象は「網膜色素変性症」と診断され、このままでは失明してしまう可能性が高い患者2人です。健康な人のiPS細胞から作った神経網膜シートを、死んでしまった視細胞に触れるように入れて再生させることで、患者が光を感じられるようにすることが目的です。手術後は神経網膜シートが定着するかどうか、がんにならないかなど、一年をかけて安全性を確認し、成功の場合は再び同じ手術をすることも検討しています。iPS細胞を使って目の中枢神経の再生を目指す手術は世界初ということです。

動画を見る