被害1億円 遺産譲渡詐欺グループのリーダーを逮捕(2020年9月4日)

被害1億円 遺産譲渡詐欺グループのリーダーを逮捕(2020年9月4日)

「遺産を譲る」などとウソのメールを送り、手数料の名目で電子マネーをだまし取ったとして、警視庁は詐欺グループのリーダー格とみられる尾崎佑介容疑者(34)と辻裕生容疑者(34)ら男3人を詐欺の疑いで逮捕しました。
警視庁によりますと、尾崎容疑者らは19年3月、資産家の女性になりすまして、鹿児島県の50代男性に、「祖父の遺産の3億円を譲る」とウソのメールを送り、受け取るために手数料が必要などと言って、1万5,000円分の電子マネーをだまし取った疑いがもたれています。
調べに対し、3人全員が黙秘していますが、警視庁は、同様の手口で、全国およそ670人から1億円分の電子マネーをだまし取っていたとみて、余罪を追及します。

【動画タイトル】

被害1億円 遺産譲渡詐欺グループのリーダーを逮捕(2020年9月4日)

テレ東NEWS YouTube