爆発の倉庫に化学物質2750トン レバノンで78人死亡

爆発の倉庫に化学物質2750トン レバノンで78人死亡

中東レバノンの首都ベイルートで大規模な爆発があり、78人が死亡しました。負傷者は約4000人に上り、日本人1人もけがをしました。

 4日午後、ベイルートの港で大きな爆発が連続して発生しました。レバノンのアウン大統領は爆発が起きた倉庫に化学物質の硝酸アンモニウム2750トンが保管されていたと明らかにしました。これが大規模な爆発を引き起こしたとみられます。これまでに78人が死亡し、約4000人が負傷しています。現地の日本大使館によりますと、日本人1人が巻き込まれ、爆風で割れた窓ガラスで手と足を切るなどして病院で手当てを受けました。ロイター通信はベイルートから180キロほど離れた地中海にあるキプロスでも爆発音が聞こえたと伝えています。

動画を見る