就職内定率低下で経団連 初のオンライン企業説明会

就職内定率低下で経団連 初のオンライン企業説明会

新型コロナウイルスの影響で大学生の就職内定率が下がるなか、経団連は初めて大学と共同でオンラインでの企業説明会を開きました。

 経団連と大学が主催するオンラインの説明会は1日と2日の2日で60社を超える企業と1500人近くの学生が参加する見通しです。参加した学生からは新型コロナウイルスに関連して「テレワークを推進していくのか」などの質問が出ていました。先月1日時点の大学生の就職内定率は去年に比べ、約12ポイント低い73.2%でした。経団連は「第2の就職氷河期を作らない決意」としていますが、大手航空会社など新卒採用を中止する動きも出ています。

動画を見る