飲食店従業員らPCR検査 沖縄・那覇市

飲食店従業員らPCR検査 沖縄・那覇市

新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、県独自の緊急事態宣言を発令した沖縄県では、那覇市の繁華街の飲食店や、遊興施設の従業員を対象にしたPCR検査を実施している。

沖縄県では、県独自の緊急事態宣言を発令し、1日から15日まで、県民へ不要不急の外出や、県外への往来の自粛のほか、那覇市松山地域の接待をともなう飲食店などに、8月15日まで休業するよう要請している。

こうした中、松山地域の飲食店や、遊興施設の従業員を対象にしたPCR検査が行われている。

検査を受けに来た人は「(15日までの休業要請について?)だいぶ痛い。できれば、なにか県で補助してほしい」、「(検査の対応については?)すごくありがたい。とても助かる」などと話した。

検査は2日間にわたって行われ、初日の1日は600人以上が検査を受ける見通し。

(2020/08/01)
#新型コロナウイルス

【動画タイトル】

飲食店従業員らPCR検査 沖縄・那覇市

FNN.jpプライムオンライン YouTube