感染激増、GoToトラベル・・・知事交え政府分科会で議論

感染激増、GoToトラベル・・・知事交え政府分科会で議論

全国での感染拡大を受け、31日に政府の分科会が開かれました。

 分科会には全国知事会の代表として鳥取県の平井知事が参加。そして、東京都の小池知事や大阪府の吉村知事がオンラインで加わりました。分科会は感染状況を4つの段階で把握するよう提案しました。
 1段階目は感染が散発的に発生しているだけの状況。2段階目は度々、クラスターが発生して徐々に医療などに負荷が蓄積する状況。そして、クラスターが多発して医療提供体制に支障をきたすのが3段階目。最後は・・・。
 新型コロナ対策分科会・尾身会長:「最悪の状況が感染爆発段階。爆発的な感染拡大及び深刻な医療提供体制の機能不全だという段階」
 では、東京や大阪はどういう段階だと判断されたのでしょうか。
 新型コロナ対策分科会・尾身会長:「ここの段階のどちらかに当てはまります。今、ほとんど感染が散発している段階。東京や大阪なんかも漸増段階。次の段階に移ったことが分かってから対策を取っては遅すぎる」
 これに対して政府は・・・。
 菅官房長官:「専門家から具体的なご提案についてご議論頂いたと承知している。政府の対応としては専門家のご議論を踏まえたうえで検討していくことになる」
 また、分科会ではGoToトラベルについても意見が出ました。そもそもGoToトラベルの実施判断について分科会の尾身会長は・・・。
 新型コロナ対策分科会・尾身会長:「もう少し判断を先延ばししたらどうですかっていうふうに申し上げたけれど、一応、政府はそのことについては我々の提言は採用しないということのうえで、16日になって東京除外するかどうか分科会の意見を聞かせてほしいと」
 ただ、31日の分科会では特に議論になることはなかったということです。

動画を見る