米メジャーリーグでも感染広がる 続々試合中止に

米メジャーリーグでも感染広がる 続々試合中止に

アメリカ・メジャーリーグは、新たにフィリーズで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、さらに3試合を中止にすると発表しました。

 集団感染が起きていたマイアミ・マーリンズと、26日まで対戦していたフィラデルフィア・フィリーズは30日、コーチ1人と球場のスタッフ1人が感染していたことを明らかにしました。選手の感染者はいないということです。フィリーズはすでに今週、本拠地で行われる予定だったヤンキース戦の中止を発表していますが、公式サイトによりますと、今シーズンから日本人の山口俊選手がプレーしているブルージェイズ戦3試合も中止にするとしています。8月2日までの全試合を中止にしたマーリンズでは、新たに選手1人の感染が確認され、チーム内の感染者は合わせて19人になりました。

動画を見る