皇居で大綬章親授式 春の叙勲が新型コロナで夏に(2020年7月31日)

皇居で大綬章親授式 春の叙勲が新型コロナで夏に(2020年7月31日)

7月最後の日となったきょう皇居では春の勲章が授与されました。
皇居・宮殿の南車寄せには午前10時前旭日大綬章を授与される前経団連会長の榊原定征さんらが到着しました。
その後、宮殿・松の間に移動し天皇陛下から一人ひとりそれぞれの勲章を受け取りました。
春の勲章は4月に対象者が発表されましたが新型コロナの影響で勲章の授与はきょうまで延期されていました。
例年であれば宮殿を後ろに、屋外で記念撮影が行われますが、夏の開催となったことで日差しが出ても大丈夫なように車寄せのひさしの下でマスクを着けたまま行われました。
きょう渡されたのは春の勲章ですが、7月最後の日となったきょうの皇居は小雨が上がった後でセミが大きな音を立てて鳴いていました。

【動画タイトル】

皇居で大綬章親授式 春の叙勲が新型コロナで夏に(2020年7月31日)

テレ東NEWS YouTube