「アベノマスク」中国で1枚1万円で転売か 歴史に・・・

「アベノマスク」中国で1枚1万円で転売か 歴史に・・・

政府が配布した布製マスク「アベノマスク」が中国で1枚1万円で売られていることが分かりました。どういうことなのでしょうか。

 テレビでは見るけれど、街中ではあまり見掛けないアベノマスク。しかし、ここにきて中国である動きが・・・。中国の通販サイトでアベノマスクと検索をするとたくさん出きます。100%綿とうたい文句を書いて666元、日本円に直すと約1万円で販売しています。安倍御用達とか厚生労働省安倍スタイルとして売られるアベノマスク。大枚をはたく人はいるのでしょうか。北京市内で探すと見慣れた大きいタイプばかりです。それでも、知っている人を発見。
 なぜ多数出回るのか。北京のドラッグストアを訪ねてみると・・・。北京市内の薬局。マスクの在庫は戻ってきていますが、やはり置いてあるのはどれも使い捨てのマスクばかりです。
 そんななか、洗える布タイプを見直す動きも。
 SARS(重症急性呼吸器症候群)の流行時、布マスクを使った人:「環境保護のためにはこちら(布タイプ)の方が良いわ」「((Q.『小さい」って言われますが?)良いと思いますよ。小さくても口と鼻を覆うことができればね」
 総理が聞いたら喜びそうですが・・・。そんななか高値のヒントとなりそうなのがこんな文言。「コレクションにおすすめです」。
 あまり使われなかったマスクとして歴史に残り、希少性が出るなんてことがあるのでしょうか。目的はさておき、気になる点も。業者の一部は日本から直送するとしています。この場合、違法となる恐れも。アベノマスクを巡っては国内でも「まだ届いていない」という相談が6万7000件寄せられています。

動画を見る