給食が食中毒の原因 工場を営業停止 埼玉・八潮市

給食が食中毒の原因 工場を営業停止 埼玉・八潮市

埼玉県は先月末に八潮市の小中学校で起きた食中毒を受け、給食を作っていた工場を営業停止処分としました。これまでに児童や生徒ら約3500人が下痢などの症状を訴えています。

 営業停止処分を受けたのは八潮市にある「四季亭八潮工場」です。工場では市内15の小中学校の給食を作っていて、先月26日以降に給食を食べた児童や生徒ら3453人が下痢などの食中毒の症状を訴えています。県は26日の給食が食中毒の原因だと断定し、工場を今月2日から3日間の営業停止処分としました。

動画を見る