トランプ氏 暴動責任は「反ファシスト」の極左勢力

トランプ氏 暴動責任は「反ファシスト」の極左勢力

事件への抗議が暴徒化するなか、トランプ大統領は責任は「反ファシスト」の極左の勢力にあるとしてテロ組織に指定する意向を示しました。

 各地でのデモの参加者は「死亡した黒人とはほとんど関係がない」との見方を示すトランプ大統領はツイッターで「反ファシストを素早く取り締まるべきだ」と投稿し、テロ組織に指定する意向を示しました。暴徒化する混乱については、極左の勢力の他にも白人至上主義者などの関与も指摘されていますが、トランプ政権は極左の勢力に絞って責任を追及しています。また、「メディアが憎しみや無秩序を助長している」と批判し、民主党員がトップを務める都市や州に対して「ミネアポリスでの過激な左翼の徹底した取り締まりを参考にするべきだ」と主張しています。

動画を見る