NY市もようやく経済一部再開へ 40万人が仕事復帰

NY市もようやく経済一部再開へ 40万人が仕事復帰

制限緩和の動きが進むアメリカで、感染者が多く厳しい規制が続くニューヨーク市についても来月8日から経済活動が一部再開される見通しとなりました。

 ニューヨーク州のクオモ知事は今月29日、州内で唯一、規制緩和していないニューヨーク市でもさらなる感染対策を進め、来月8日には経済活動再開に向けた第1段階が始まるという見通しを示しました。まず、建設業や製造業などが許可される見通しで、約40万人が仕事に復帰するとみられています。また、経済活動再開の第1段階にあったニューヨーク州の他の5つの地域では感染者数などが抑制されていることから、今月29日から第2段階に移行してヘアサロンや小売りなどの営業が条件付きで認められることになりました。

動画を見る