ネット中傷抑止へ 制度改正検討

ネット中傷抑止へ 制度改正検討

23日に亡くなったプロレスラーの木村花さんが、出演していたバラエティ番組についてSNSで誹謗・中傷を受けていた問題で、高市総務大臣は、インターネット上での悪意ある投稿を抑止するため、制度を見直す意向を示しました。
ネット上に匿名で権利を侵害する情報が投稿された場合、被害者が投稿者の情報開示を求めることができる「プロバイダ責任制限法」について、総務省は先月、有識者会議を設置して、手続きの円滑化などの検討を進めていて、年内に改正案を取りまとめる方針です。

【動画タイトル】

ネット中傷抑止へ 制度改正検討

テレ東NEWS YouTube