「巣ごもり消費」お菓子作り人気 バターが品薄

「巣ごもり消費」お菓子作り人気 バターが品薄

巣ごもり消費で家庭用のバターが品薄です。

 農畜産業振興機構が関東、関西のスーパー100店を調査したところ、先月24日から26日の時点でバターが欠品していた店が全体の約3割に上りました。外出自粛に伴って家庭でのお菓子作りの人気が高まるなど、いわゆる「巣ごもり消費」が原因とみられます。一方で、原料となる生乳は学校給食が再開されていないことなどから依然として余っていて、乳業メーカー各社は廃棄を防ぐためにもバターの増産を急いでいます。業務用バターの在庫は豊富で、家庭用の品薄は一時的とみられます。

動画を見る