独自 新型コロナで育休延長可に

独自 新型コロナで育休延長可に

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、子育て中の働く人が育休を一時的に延長した場合でも、保育園の入所決定を取り消さないよう柔軟な対応を求める通知を内閣府が各自治体に発出したことがテレビ東京の取材で分かりました。
制度上は、子どもが保育園に入る月には、育休から復帰して働かないといけないことになっていますが、育休を延長すると「保育の必要性がない」として保育園の入園が取り消され、待機児童となる可能性が指摘されていました。
内閣府は、今回、与党内などからの要請もあり、新型コロナウイルス感染症対策に伴う一時的な育休延長の場合、保育園の入所決定をそのまま維持するよう自治体に求めることとしました。

【動画タイトル】

独自 新型コロナで育休延長可に

テレ東NEWS YouTube