“集団家出”で部員が訴え 柔道強豪校で体罰か

“集団家出”で部員が訴え 柔道強豪校で体罰か

高校柔道の強豪、兵庫県姫路市の飾磨工業高校の柔道部で体罰があったことが分かりました。

 姫路市の飾磨工業高校の柔道部顧問の男性教師(55)は去年12月の大会で、成績が振るわなかった部員らに「もっと練習を厳しくする」と叱責しました。翌日に1、2年の部員10人が集団で家出し、過去の体罰や練習の厳しさを訴えました。学校は柔道部の活動を自粛して県の教育委員会に報告し、顧問3人を自宅待機にしています。男性教師は柔道で生徒を更生させ、全国大会10連覇に導いたとしてテレビなどに出演していました。

動画を見る