原子力規制委 女川原発2号機について主な議論終了

原子力規制委 女川原発2号機について主な議論終了

原子力規制委員会は、東北電力の女川原発2号機について審査会合を開いて新規制基準に基づく主要な議論を終えました。

 原子力規制委員会は女川2号機について、27日に行われた審査会合の結果を受けて事実上の合格証にあたる審査書案の取りまとめを進める方針です。順調にいけば、年内にも合格する可能性があります。2号機は到達する津波の高さを最大で23.1メートル、地震の揺れの強さを最大で1000ガルと想定しています。女川原発は東日本大震災で1号機の外部電源を失ったものの、非常用発電機で冷却して被害はありませんでした。ただ、規制委は震災の影響がないか原子炉建屋などの設備面について慎重に審査を行いました。

動画を見る