香港 覆面禁止法の違憲判断に中国政府「挑戦だ」

香港 覆面禁止法の違憲判断に中国政府「挑戦だ」

香港の裁判所がデモの参加者にマスクなどの着用を禁じる「覆面禁止法」を認めない判断を示したことについて、中国政府は「行政長官の権力に公然と挑戦するものだ」と反発しました。

 中国政府の香港・マカオオフィスは19日に声明を出し、「覆面禁止法は香港基本法にのっとるもので、暴力と混乱を止めるために大きな役割を果たしてきた」と法律の必要性を主張しました。裁判所の判断については「香港行政長官の権力に公然と挑戦するものだ」と非難し、「社会に与える深刻な影響を注視する」としました。覆面禁止法は先月5日に施行されましたが、今月18日に裁判所が香港の憲法にあたる基本法に違反すると判断したため、警察はこの法律に基づく取り締まりを停止しています。

動画を見る