米の感染者1200万人超える“世界全体の約20%”

米の感染者1200万人超える“世界全体の約20%”

アメリカで新型コロナウイルスの感染者が累計で1200万人を超えました。約900万人のインドを大きく引き離していて、感染拡大が止まらない状況に陥っています。

 ジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、アメリカの新型コロナウイルスの新たな感染者は連日、15万人を超え、累計の感染者は21日に1207万人に上りました。世界全体の約20%を占め、2位のインド、3位のブラジルなどを大きく上回る感染者が確認されています。また、入院患者もこれまでで最も多い8万2000人を超え、一部の地域では医療従事者や病床などが不足する医療崩壊の懸念も出ています。アメリカでは例年、多くの人が集まる感謝祭の連休を5日後に迎えるため、多くの地域で移動を控えるよう呼び掛けられています。

動画を見る