中国「米企業に制裁科す」 台湾への武器売却めぐり

中国「米企業に制裁科す」 台湾への武器売却めぐり

中国政府は、アメリカ政府が台湾にミサイルなどを売却する方針を示したことに対して、関連するアメリカ企業に制裁を科すと発表しました。

 中国外務省は、「国家の利益を守るために今回の台湾への武器売却に関わった軍事用航空機メーカー大手のロッキード・マーチンと、ボーイングの関連部門で防衛機器メーカーのレイセオン・テクノロジーズに制裁を科す」と発表しました。アメリカ政府が、台湾にミサイルを売却する方針を示したことへの対抗措置ですが、制裁の具体的な内容は明らかにしていません。中国外務省は、そのうえで改めて「台湾への武器売却と米台間の軍事的つながりをやめるよう促す」と牽制(けんせい)しました。

動画を見る