作業中の男性2人がマンホールに転落し死亡 茨城

作業中の男性2人がマンホールに転落し死亡 茨城

20日夜、茨城県土浦市でマンホールの泥を取り除く作業をしていた男性2人がマンホール内に転落し、その後、死亡しました。

 警察などによりますと、午後8時ごろ、土浦市本郷で「下水工事中に男性がマンホールで倒れた。助けに行った同僚も倒れている」と一緒に作業をしていた男性から通報がありました。消防などが駆け付けると、マンホールの底には会社員の佐伯洋祐さん(41)と岡野裕樹さん(38)が倒れていて、2人は病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。佐伯さんは作業を終えてはしごを上っていたところ転落し、その後、救出しようとした岡野さんも転落したということです。消防によりますと、マンホールの中からは硫化水素と一酸化炭素が検出されていて、警察は2人が転落した原因を詳しく調べています。

動画を見る