東京・調布市の住宅街で道路陥没 工事いったん中止

東京・調布市の住宅街で道路陥没 工事いったん中止

東京・調布市の住宅街で道路が陥没し、4メートルほどの穴が開きました。現場の地下ではトンネル工事が行われていて、ネクスコ東日本は工事をいったん中止しました。

 住民によりますと、18日午前8時ごろに住宅の目の前の道路に亀裂が入り、正午ごろに陥没したということです。穴は長さが4メートルほど、深さは5メートルくらいで水がたまっていました。現場の地下40メートルでは高速道路「東京外環道」のトンネル工事が行われています。工事と陥没との因果関係は分かっていませんが、ネクスコ東日本は工事をいったん中止し、早急に有識者会議を実施して原因の究明にあたるということです。

動画を見る