山崎賢人主演のSF映画「夏への扉」追加キャストに清原果耶、藤木直人が決定

山崎賢人が主演を務める映画「夏への扉」(2021年公開)の追加キャストとして清原果耶、藤木直人が発表された。 本作は、時間旅行をテーマにしたSF小説の実写化。原作は1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛され、ハリウッド映画にも多大な影響を与えた伝説の小説だ。 メガホンをとるのは、映画「フォルトゥナの瞳」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などで知られる三木孝浩。「夏への扉」初の実写映画化にあたり舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へと時空を超え、人生のすべてを奪われた孤独なロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が未来を取り戻す冒険物語として蘇る。 なお、清原はNHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」(2021年春スタート、NHK総合)の主演が決定、藤木は今年俳優生活25周年を迎える。 ■ 運命に翻弄される女子高生役(清原果耶)と、ヒューマノイドロボット役(藤原直人) 清原が演じるのは、恩人であり養父の松下の娘で、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に想う松下璃子(まつしたりこ)。数奇な運命に翻弄されながらも宗一郎を慕う、意志の強い女子高生を熱演す…