<横浜流星>主演作で「愛について考えさせられた」吉高由里子らから誕生日サプライズも

10月15日(木)に先行上映、10月23日(金)より全国公開される映画「きみの瞳が問いかけている」のリモート完成報告イベントが9月15日に開催され、W主演を務める吉高由里子、横浜流星、そして三木孝浩監督が登壇した。 本作は、チャールズ・チャップリンの「街の灯」をモチーフにした韓国映画「ただ君だけ」をリメークした純愛ラブストーリー。不慮の事故で視力と家族を失うが、小さな楽しみを糧に明るく日々を送る女性と、過去のある事件をきっかけに未来を失い、心を閉ざした元キックボクサーの恋を描く。 吉高と横浜は初共演になるが、吉高は「三木監督と3人で焼き肉に行った時に初めて顔を合わせましたが、画面で見るより実際の方が落ち着いて見えて。お話してもしっかりしていて、真面目にいろんなことを考えていて、23歳とは思えない」と横浜の印象を告白。 一方、横浜は吉高について「明るくて、すごく元気で場の空気を和ませてくれる方」と言い、「最初は人見知りということもあり、心の壁を閉じていたのですが、出会って1時間もたたないうちに見事に開けられましたね。すごいです。本当に助かりました」とエピソードを披露した。 横浜はキックボ…