菅田将暉、「(妻と娘の)幸せな姿を見て泣くというのは究極だった」<映画「糸」連載その2>

中島みゆきの名曲「糸」をモチーフに、運命に引き離された男女が再びめぐり逢うまでを描いたラブストーリー「糸」が8月21日(金)に公開。13歳の時に出会った葵(小松菜奈)が忘れられないまま、地元・北海道で生きていく主人公・高橋漣を菅田将暉が演じている。作品について、自分のターニングポイント、縁を感じたことについて語ってもらった。 ■ 沖縄とシンガポールに行きたいと思いました(笑) ――映画を見た感想を教えてください。 漣と葵の物語が絡み合って一つになっている作品なので、完成するまで知らないシーンが多かったです。特に葵が海外で必死に働いている姿はぐっとくるモノがあり、普通に泣いちゃいました。漣は北海道という同じ場所で淡々と変わらない日々を送っていたので、そのギャップがすごくて。2人の人生がきちんと描かれていたので物語として濃いなと感じました。 ――今回は、北海道、東京、沖縄、シンガポールといった美しい土地の風景も切ない物語を演出していました。 映画を見て、沖縄とシンガポールに行きたいと思いました。僕はずーっと北海道でしたから(笑)。それにしても風景にはいろいろ助けられました。それは葵のシーン…