石田ニコル、人見知りならではの“あだ名”を告白「一人の世界を作るんです(笑)」

映画「いけいけ!バカオンナ〜我が道を行け〜」が7月31日に公開初日を迎え、東京・神楽座で無観客での舞台あいさつを開催。キャストの文音、石田ニコル、真魚、監督を努めた永田琴が登壇した。 主人公の見栄っ張りなアラサー女子・杉山結子を演じる文音は、「本当だったら、初日なので劇場で舞台あいさつをさせていただくところですが、今回はこういう形で一般の方が入れなかったりしますけど、形を変えてでもやれたことを私は幸せに思っています。感謝の気持ちでいっぱいです」と、無観客での舞台あいさつとなったことを残念に思いながらも、前向きな気持ちを表した。 結子のライバル・澤野セツコ役の石田も「本当はもっとたくさんの方々とご一緒したかったんですけど、この安定のメンバーに(笑)、会えたことがすごくうれしいです」と笑顔を見せた。 結子の親友・中川絵美役の真魚も「コロナでこういう状況ですけど、3人集まってあいさつできることは恵まれてることだなって思います」と、共演した二人に再会できた喜びを伝えた。 物語の中で、恋愛を含め、女心が赤裸々に描かれているということで、「皆さん、ナンパとかされますか?」と司会者から直球な質問が。…