住野よる原作、吉沢亮&杉咲花W主演、映画「青くて痛くて脆い」“見たことのない”予告映像解禁 BLUE ENCOUNTの主題歌も初解禁

2018年「二十歳がいちばん読んだ小説」としてベストセラーとなり、自身もインタビューで“今まで出した本のなかでいちばん自信がある最高傑作”と語る、住野よる原作の「青くて痛くて脆(もろ)い」(角川文庫)が実写映画化、8月28日(金)に公開される。そのひとくせもふたくせもあるキャストが魅せる“見たことのない”表情が詰まった予告映像が解禁された。 主人公の田端楓(たばたかえで)を演じる吉沢亮は、冒頭のなごやかな笑顔から一変、憎しみ・怒り・軽蔑など、さまざまな表情を見せ、復讐に身を投じ、ダークサイトに染まっていく、鬼気迫る演技を見せている。 吉沢とのW主演で、本作のヒロイン・秋好寿乃(あきよしひさの)を務める杉咲花も、「世界は変えられる」という活き活きとした姿から、最後には「気持ち悪い」と蔑む表情を見せ、強烈な印象を残している。この言葉は、誰に向けられたものなのか、そしてこの言葉にかくされた真実とは、衝撃の物語が展開されていく。 さらに、4月15日に発表になった新キャストも、怪しげで深みのある姿を見せ、残酷で悪意に満ちた、リアルな青春が演じられている。 W主演の吉沢と杉咲が、この“ふたりでしか…