伊藤健太郎が源氏物語の世界で“女王様”に振り回される、黒木瞳監督の新作映画で

伊藤健太郎主演、黒木瞳監督による映画「十二単衣を着た悪魔」が、11月6日(金)に全国公開されることが決定した。 同作は内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」が原作。伊藤演じる冴えないフリーター青年・雷(らい)が、突然「源氏物語」の世界へトリップし、そこで出会った奔放で強い女性に翻ろうされながらも成長していく物語だ。 「源氏物語」の世界で、未来を当てる雷を陰陽師として見いだす弘徽殿女御(こきでんのにょうご)を、三吉彩花が演じる。弘徽殿女御は嫌われ者、野心家などのイメージで知られ、同作では息子を帝にすべくキャリアウーマン顔負けのハートと冷静な分析力で突き進むさまを三吉が熱演する。 ほか、キャストは伊藤沙莉、ラサール石井、戸田菜穂、伊勢谷友介、山村紅葉、笹野高史、田中偉登、細田佳央太、沖門和玖ら。 伊藤沙莉は雷と「源氏物語」の世界で出会い妻となる倫子を、ラサールは弘徽殿女御の父である右大臣を、戸田は雷の母・明子を演じる。 また、伊勢谷は弘徽殿女御の夫・桐壺帝役、山村と笹野は弘徽殿女御に仕える家臣役で出演。気鋭の若手俳優として人気上昇中の田中、細田、沖門はそれぞれ、弘徽殿女御の…