岩手・一関を舞台にした映画「もち」公開!佐藤由奈『話しただけでは伝えられない魅力が詰まっています』

映画「もち」の公開が6月26日に岩手・一関シネプラザで始まり、6月27日に公開記念舞台あいさつを実施。小松真弓監督、主演の佐藤由奈らがトークショーを行った。 「もち」は、岩手・一関を舞台に「餅文化」を題材として、生活とともに息づく文化を1人の少女の視点から描いた作品。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開が延期されていたが、緊急事態宣言の解除を受け公開。東京では7月4日(土)から、渋谷・ユーロスペースで公開される。 舞台あいさつで小松監督は「人が人を思う優しい気持ちが日常にあふれていて、一関の人たちと一緒に人と人のつながりをきちんと残しておきたいと思いました。だから、私はこの映画を自分が作ったと思っていなくて、皆さんと一緒に一関を残せたらと思って作っていました」と、本作を作った根底の思いを語る。 撮影当時は中学3年生、今は高校3年生となった主演の佐藤は「撮影してから3年間たちましたが、その分熟成されていると思うし、一関で撮影した作品なので、皆さまに楽しんでいただけたら幸いです」とあいさつ。 初めてのオファーに関しては「生きていて、こんな経験は二度とできないと思って決断しました。最初に…