藤井隆、憧れの薬師丸ひろ子との夫婦役に「スクリーンで見ても本当だとは思えない」

松本穂香主演の映画「みをつくし料理帖」(10月16日[金]公開)のキャストによるインタビューリレー第九弾が解禁。今回は、劇中で夫婦を演じた薬師丸ひろ子と藤井隆が登場した。 藤井が演じるのは、澪(松本)が働く「つる家」の常連でもあり戯作者の清右衛門。そして、その妻・お百を薬師丸が演じる。 お百は原作にはなく映画だけに登場するが、実在の人物。薬師丸の出演が決まり、急きょ決定した登場人物となる。 薬師丸と角川春樹監督との出会いは、薬師丸が13歳の時。 角川監督が手掛けた「野性の証明」(1978年)でスクリーンデビューを果たし、「セーラー服と機関銃」(1981年)で主演を飾り、薬師丸が歌う主題歌と共に大ヒットを記録した。 薬師丸は「角川春樹さんは自分の原点」と語る。 本作で演じる役については、「けんかするほど仲が良いといった、ちょっと面白い夫婦です」と言い、角川監督からは「コメディーのような楽しいことをやってもらいたい」とオファーを受けたことを明かしている。 また、途中で付け加えられたせりふがあると明かし、「そのせりふで、旦那さんのことをいつも気遣っている女性なんだということが表現できたのでは…