キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック:パラベラム」森川智之、玄田哲章ら日本語吹替声優陣からコメント大量到着!

伝説の殺し屋”ジョン・ウィック”の壮絶な死闘を描き、キアヌ・リーブスの新たなる代表作となった人気シリーズの第3弾「ジョン・ウィック:パラベラム」。2019年10月に日本公開され好評を博した本作の、4K UHD・Blu-ray・DVDが2020年3月18日(水)に発売となる。Blu-ray&DVDレンタルは同じく3月18日(水)開始、デジタル配信は先行して2月19日(水)からスタートする予定だ。 これらに収録される吹替声優陣には、森川智之、玄田哲章、安原義人、堀内賢雄らこれまでのシリーズから参戦しているレギュラーメンバーに加え、新キャラクターとして本田貴子、三宅健太、松井茜、萩尾みどり、白熊寛嗣、多田野曜平が新たに参戦。この豪華声優陣から本作の見どころや演じた感想、「殺し屋だとしたら使いたい武器」、「好きな犬種」「好きな寿司ネタ」などなど、個性あふれるコメントの数々が出そろった。 ※一部本編の展開に触れるコメントがあります ■ ジョン・ウィック役:森川智之「常に死と向き合う覚悟の下、『いつ息をしたのかな』と、苦しかったです」 ――本作「ジョン・ウィック:パラベラム」の見どころは? また、…