「パラサイト」鑑賞後に見ると救われる!? 広末涼子、出演作をアピール「社会派ではないけど…」

映画「嘘八百 京町ロワイヤル」の大ヒット御礼舞台挨拶が12日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、出演する中井貴一、佐々木蔵之介、広末涼子が登壇した。同作は、2018年に公開された映画「嘘八百」の続編で、中井演じるさえない目利きの古美術商・小池と佐々木演じるくすぶった腕利き陶芸家・野田による“骨董コンビ”がコンゲームを繰り広げる“お宝コメディー”。 この映画の評判について広末は、「うちの姪っ子は、『パラサイト』を見た後にこれを見たらすごく救われた、と言っていました」と、10日にアカデミー作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」を引き合いに出し紹介。 中井も「パラサイト 半地下の家族」を鑑賞した後に本作を見たと明かし、「おっしゃる通り、『パラサイト』『嘘八百』『パラサイト』『嘘八百』っていう興行にしたらいいんじゃないかと」と、社会派作品の合間にコメディ作品の本作を挟むべきだと提案した。 広末の友人や両親は皆、本作を見て「『面白かった』って送ってくれた」と高評価だったという。「かといって、長い感想とかはないんですけど(笑)。そういう作品です。深く掘り下げるほどのものでも…」…