“怖い本”に選ばれたら死?「DEATH NOTE」を超える恐怖が襲う“いわくつきの短編集”の本編映像解禁

世界的フィルムメーカーのギレルモ・デル・トロが企画・製作し、ストーリー原案を担当した映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」が2月28日(金)から全国で公開。今回、恐怖のシーンを描いた本編映像が解禁となった。 ■ おどろおどろしい挿絵と非道徳的な内容で、批判が殺到した“いわくつきの短編集” 人間の女性と異形の生き物との愛を描いた「シェイプ・オブ・ウォーター」(2017年)で第90回米アカデミー賞監督賞を受賞し、名実共に世界的フィルムメーカーとなったデル・トロ。 「パンズ・ラビリンス」(2006年)のペイルマンやパン、「シェイプ・オブ・ウォーター」の半魚人など、数々の奇怪で美しい名モンスターを生み出してきた、クリーチャー愛にあふれる彼が、オスカー受賞後に初めて企画・製作し、ストーリー原案を担当した作品が「スケアリーストーリーズ 怖い本」となる。 本作の基になっているのは、デル・トロ自身が若いころに多大な影響を受けた同名児童書(岩崎書店)。全米各地の怖い話を短編集としてまとめた「スケアリーストーリーズ 怖い本」は、子どもたちの恐怖心と好奇心をつかみ、瞬く間にベストセラーになった。 だが、ステ…