千葉雄大、裏では白石麻衣を“まいやん”呼び!白石麻衣も「“ばーちー”お願いします(笑)」

2月12日に、都内で行われた映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」公開直前イベントに、主演の千葉雄大と白石麻衣が登壇。2人の仲の良さがうかがえるエピソードを披露し、イベントを盛り上げた。 同作は、刑事・加賀谷学(千葉)が獄中にいる連続殺人事件の犯人・浦野善治(成田凌)と協力しながら、恋人・美乃里(白石)が巻き込まれた事件の解決に奔走するミステリー。 劇中で、カップルを演じる2人のチームワークについて聞かれると「僕たちのやりとりがお見合いみたいって言われる」と初々しさを明かした千葉。 一方、白石は「千葉さんって呼んでるんですけど、これをなくしたいなって…」と千葉との距離を縮めたいことを口に。 この白石の発言に、千葉も「“ばーちー”とか千葉!とか」とユニークな呼び方を提案し、白石のいない撮影裏では、「まいやん」と呼んでいたことを明かした。 これに対し、白石は「“ばーちー”お願いします(笑)」と“ばーちー”呼びを採用。カップルのような仲むつまじい様子で、トークを繰り広げた。 そして2人は早速、互いに“あだ名”を使ってフランクな会話に挑戦し、会場を沸かせた。 千葉:まいやん、今日の…