西野亮廣、窪田正孝や芦田愛菜とプチ文通「現場でお礼を言うのは恥ずかしくて(笑)」

西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手がけたアニメ映画「えんとつ町のプペル」が12月25日(金)より全国公開。それに先駆けた10月26日、声優を務める窪田正孝と芦田愛菜が西野と共に、ハロウィンスぺシャルイベントを行った。 本作はいつも厚い煙に覆われ、空を見上げることを忘れた”えんとつ町”を舞台に、星を信じる少年・ルビッチと、 ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間・プペルが星を見つける旅へと出るという物語。窪田がプペルを、芦田がルビッチを演じる。 窪田と芦田はそれぞれ自らが演じた役柄の”仮装”で登場。西野は司会を務める元・日本テレビアナウンサーの青木源太も仮装しているのを見て「だいぶハシャいでますね(笑)」と、さっそくツッコミを入れるひと幕も。 冒頭、窪田は「どうも、ゴミです(笑)」と笑いを誘った後に「お話をいただいてまず原作の絵本を読んで、心が洗われた気がしました。忘れかけていたもの、だれもが持っている夢や本当になりたい自分というものを再確認させていただけて…。さらに脚本を読んだら、プペルとルビッチの関係性やキャラクターたちのにぎやかさが印象的だなと思いました」とあいさつ。 続いて芦…