般若、自身初のドキュメンタリー映画公開に「全米が泣かなくて申し訳ありません」

孤高のラッパー・般若の初となる長編ドキュメンタリー映画「その男、東京につき」が12月25日(金)より全国公開されることが分かった。般若の42歳の誕生日である10月18日、特報とメインカット、そしてコメントが公開された。 時代や流行に流されることなく、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックが日本のヒップホップシーンそして音楽シーンに大きな影響を与えてきた般若。しかし、その背後には壮絶ないじめ、音楽との出会いとジレンマなど、自殺をも考えた壮絶な過去を背負っていた。 いくつもの困難にぶつかりながらも、書くことそして歌うことだけは辞めなかった般若が、同作で初めて今まで語ることのなかった父への思いや新型コロナウイルスでの今後の思いを赤裸々に語っている。 公開決定情報とともに解禁された特報映像では、熱狂渦巻く武道館の舞台に上り詰めた般若のステージをはじめ、楽曲制作する姿、ヒップホップへの思いを語るインタビューなどが収められている。 今回の映画について、般若は「全米が泣かなくて申し訳ありませんでした。深く貴方の心に突き刺します」と、短くありながらもユーモアあふれるコメントでアピールしている…