映画「鬼ガール!!」原作者・中村航さんインタビュー「いま輝けることを見つけることが、将来の輝きにつながっていく」

井頭愛海主演で現在公開中の映画「鬼ガール!!」。原作は、ベストセラー「100回泣くこと」や映画化された「デビクロくんの恋と魔法」などの著者・中村航さんの児童小説「鬼ガール!! ツノは出るけど女優めざしますっ!」(角川つばさ文庫)だ。 中村さんが今“鬼”をテーマに児童小説を手掛けた理由は? 鬼の末裔・ももかというキャラクターに込められた思いとは? 中村さんに作品の背景を聞いた。 ■ 「ももかに“鬼”というコンプレックスを乗り越えてもらいたかった」 ――「鬼ガール!!」は、鬼と人間のハーフであることを隠しながら生活する女子高生・鬼瓦ももかが、部活動に打ち込みながら成長していく姿を描いた物語です。「鬼」を主人公にするというアイデアはどうやって出てきたんですか? 中村「具体的に考え始めたのは、2009年に『オニロック』という絵本を作ったあとです。この絵本の主人公も、鬼の男の子なんですが、「鬼」という題材と、絵本の相性がとてもよくて。次に作るとしたら、児童小説ならその世界観をうまく表現できるかもしれないと思っていました」 ――ももかは鬼ですが、ごく普通の女子高生として暮らしています。 中村「もも…