<板垣瑞生>豪雨のシーンは気合で演技「水圧に負けたというか、内心ビビってました」

10月17日、映画「鬼ガール!!」の公開記念舞台あいさつが東京・渋谷HUMAXシネマで行われ、主演の井頭愛海と共演者の板垣瑞生、そして瀧川元気監督が登壇した。 主人公の鬼瓦ももか(井頭)は鬼の血を引く女子高校生。そのことをコンプレックスに持ちながらも仲間たちと映画製作に懸ける姿を描いた青春ムービー。板垣は、ももかの幼なじみ・蒼月蓮を演じている。 撮影は大阪・河内長野市内を中心に行われた、大阪では9日に先行上映されている。大阪出身の井頭は「『なじみのある景色がいっぱいあった』って言ってもらえました」と、作品を見た身近な人たちの感想を伝えた。 そして、自身と“ももか”との共通点について「性格も“ももか”と近いところがあって、私も喜怒哀楽が激しくて感情がワーッと出るタイプなので、素の感じで演じていました。普段、関西弁で喋ってるので、ホンマ“いつもの井頭愛海+ももか”みたいな感じでしたね(笑)。ほぼ“ももか=井頭愛海”です! 私にも弟と妹がいるので、撮影の時、弟役の子とかくれんぼしたり、妹役の深尾あむちゃんと友達みたいにずっとしゃべってました」と語った。 瀧川監督が撮影中の印象的だったシーンと…