斎藤工&永瀬正敏がミニシアターへ全力のエール! 永瀬「僕はミニシアターに救われたんです」

斎藤工が全国のミニシアターにエールを送る特集番組「特集︓ミニシアターに愛をこめて」が、10月19日(月)~22日(木)の4日間WOWOWシネマにて放送。今回は、 かつてミニシアターで上映され映画ファンが熱狂した“世界の秀作”4本を特集。また、ゲストに永瀬正敏が出演し、斎藤と映画にまつわるトークを展開していく。 今回放送される作品は、『グラン・ブルー[完全版]』『さらば、わが愛~覇王別姫』『恋する惑星』『ブロードウェイと銃弾』の4作品。齋藤と永瀬は、見どころはもちろん、各作品の上映館を中心としたミニシアターの思い出などについて熱く語りあっている。 放送に先駆けて行われた収録で、永瀬は「個人的な話を言うと、僕はミニシアターに救われたんです」と告白。その魅力について「知らない国の映画に出会えたり、 日本でなかなか見られなかった作品が見られたりもする、 驚きやワクワク感をもらえる場所だと思っていて。 それは多分、映画館ごとに特⾊を出せるからじゃないですかね。映画を選ぶ方たちの『この映画が素晴らしいからみんなにも知ってもらいたい』という思いがちゃんと伝わる場所なので。ミニシアターってあったかいん…