「ドクター・デスの遺産」の“ドクター・デス”を「羊たちの沈黙」レクター博士や「セブン」ジョン・ドゥと比較

綾野剛主演による映画「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」が11月13日(金)が公開。同作の連続猟奇殺人犯“ドクター・デス”は、安楽死という手口を使用し遺族からも感謝されるなど、過去にさまざまな映画に登場した猟奇殺人犯と比較しても一線を画している。 「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」は、「このミステリーがすごい!」大賞受賞作「さよならドビュッシー」で2010年1月にデビューし、2020年にデビュー10周年で映像化が続く人気作家・中山七里のクライム・サスペンス小説「ドクター・デスの遺産」を実写化した作品。 警視庁捜査一課の検挙率No.1を誇る敏腕刑事・犬養隼人(綾野)、犬養のバディである捜査一課の頭脳派No.1の冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香(北川景子)と、安楽死を手口に次々と殺人を繰り広げる連続猟奇殺人犯“ドクター・デス”の息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出していく。 共演には、前野朋哉、青山美郷、石黒賢ら実力派俳優たち。そして、監督は「神様のカルテ」(2011、2014年)シリーズやインターネットドラマ「チェイス 第1章」(2017年)など、人間ドラマか…