門脇麦×水原希子 東京生まれvs地方出身、出会うはずのない階層違いの二人が織りなす成長物語 映画『あのこは貴族』予告

門脇麦×水原希子 東京生まれvs地方出身、出会うはずのない階層違いの二人が織りなす成長物語 映画『あのこは貴族』予告

 映画『あのこは貴族』の公開が2021年2月26日に決定。監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子(そでゆきこ)。原作は、山内マリコによる同名小説。主人公の箱入り娘・華子には、本年度NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でヒロインを好演中の門脇麦、地方から上京し、自力で生きる美紀役に、女優、モデル、デザイナーと多彩に活躍する水原希子が演じる。また追加キャストに、奇しくも二人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役に高良健吾、華子の学生時代からの友人でバイオリニストの逸子役に石橋静河、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する・平田役に山下リオが決定したほか、華子の家族に、銀粉蝶、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい 山中崇、幸一郎の家族に高橋ひとみ、津嘉山正種など実力派俳優が集結した。20代後半から30代にかけて、息苦しさを抱える女性たちが、軽やかに変化していく姿を、最後の青春譚として静かに紡いでゆく。

 公開された特報では、東京の箱入り娘・華子が見合いの末、良家の弁護士・幸一郎との結婚生活をスタートするが、幸一郎に「華子には夢なんかあるの?」と、華子が“結婚すること”のみにしか関心がなかったことを言い当てられてしまう。一方で、華子とは一見接点などなさそうな地方出身者の美紀だったが、幸一郎と一緒に楽し気に過ごすパーティで過ごしている様子。美紀を見かけた華子がタクシーを降りて、自転車で通り過ぎる美紀を呼び止める瞬間までが収められている。二人がこの出会いをきっかけに、どのような決断をし、人生を切り拓くのか。。。

【動画タイトル】

門脇麦×水原希子 東京生まれvs地方出身、出会うはずのない階層違いの二人が織りなす成長物語 映画『あのこは貴族』予告

oricon YouTube