グラドルちとせよしの、VRは「思わず触っちゃいそうな感じ」

グラビアを中心に活躍中のちとせよしの。VR作品「屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。」「ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。」(制作:FANTASTICA)の2作が、PICMO VRで見放題配信開始となった。今回、VR作品の魅力や、本作の見どころなどを語ってもらった。 ――まずVRの撮影の感想からお願いします。 一番は難しかったなって感じていて、DVDだと1パターン撮るたびにカットがかかるんですけど、VRは全部つながっているので、途中でミスができないというのが緊張しました。ミスはなんとかしなかったと思います。なんとかやり抜きました(笑)。 ――せりふやお芝居もたくさんありましたか? 設定もせりふも全部自分で決めてやることになったので、思い浮かんだことをしゃべっていました。 ――中でも一番苦労したところとかありますか? 屋上のビニールプールの作品なんですけど、最初におにぎりを握ったんですよ。お米がめちゃくちゃ手に付いちゃって(笑)、それが大変でした。 ■ 付き合いたての彼氏といちゃつく ――出来上がった作品は実際にご覧になりました…