加藤清史郎、高校生最後の作品「合宿のようだった」

加藤清史郎、高校生最後の作品「合宿のようだった」

俳優の加藤清史郎が、映画「#ハンド全力」のPRイベントに出席した。今作は熊本を舞台に、廃部寸前のハンドボール部の復活を目指す高校生たちの青春物語。主役を務める加藤はこの日、「スポーツ振興の神」とされる東京・亀戸の香取神社でヒット祈願を行った。8月4日に19歳の誕生日を迎える加藤。この映画は「高校生のときに、高校生の役を演じられる最後の作品だった」といい、加藤は「春休みに撮ったので、合宿に来ているようだった」と撮影を振り返った。

~7月31日(金)シネ・リーブル池袋、イオンシネマほか全国ロードショー 配給:イオンエンターテイメント、ラビットハウス、エレファントハウス~

出席者:加藤清史郎、松居大悟(監督)

2020年7月31日
3分16秒

【動画タイトル】

加藤清史郎、高校生最後の作品「合宿のようだった」