長渕剛の娘・文音、人生で一番面白かったナンパ文句を告白「天使が舞い降りてきたのかと思った」

長渕剛の娘・文音、人生で一番面白かったナンパ文句を告白「天使が舞い降りてきたのかと思った」

 シンガー・ソングライターの長渕剛さんと志穂美悦子さんの長女で女優の文音さんが7月31日、東京都内で行われた主演映画「いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~」の初日舞台あいさつに、石田ニコルさん、真魚さん、永田琴監督と共に登場した。

 映画は、「白鳥麗子でございます!」などで知られる鈴木由美子さんがマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載していた同名マンガを実写化。バブル時代から現代へと設定を置き換え、恋愛や仕事、友情と山積みの問題を抱えるアラサー女子たちの姿を描く。

【動画タイトル】

長渕剛の娘・文音、人生で一番面白かったナンパ文句を告白「天使が舞い降りてきたのかと思った」