亀梨和也、B'z・稲葉浩志の言葉に救われた「俺なんて、悩んでもがいて当たり前」

6月29日放送の「クイズ!その時スーパースターは?」(日テレ系) では、各界のスーパースターが実際に取った「驚きの行動」や「神対応」をクイズで出題。番組MCを務めた亀梨和也も、自身の人生を変えた3人のスターを紹介し、その人々とのエピソードを明かした。■ ティム・バートンとジョニー・デップの言葉に、役作りの面白さを知る1組目は、亀梨がドラマ「妖怪人間ベム」への出演を決意させた人物を紹介。2011年に放送されたドラマだが、亀梨は実はその数年前にオファーを受けていて、当時は断っていたことを明かす。「人間以外のキャラクターを演じることが想像できなかった」とそのときの心境を告白。そんな折、映画監督のティム・バートンとハリウッド俳優のジョニー・デップとの会食の機会があり、そこでの2人からの言葉で、「妖怪人間ベム」に出演してみようと思えたという。2人が、一から共にキャラクターを作り上げていて、時には紙ナプキンに落書きをしながら、キャラクターの枠を決めずに自由に作っていると知り、それが「2人しか作れない世界観とキャラクターが生まれるんだ」と思い、妖怪役もやってみようという思いに至った。さらに亀梨は、ベ…