宮世琉弥、一人のランウェイに緊張「お客さんがいなくてずっとそわそわ(笑)」<TVRLインタビュー>

6月27日に「ABEMA(アベマ)」の新機能「PayPerView(ペイパービュー)」で独占生配信された、史上初の3DCGとリアルを掛け合わせたフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベント「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」(通称:TVRL)。 「すごく不思議で、画面越しのバーチャル空間でランウェイができる時代なんだなと今を実感しました」と明かした宮世琉弥は、「one spo」ステージに登場。黒を基調としたモード系の衣装でクールにランウェイを歩き、ファンを魅了した彼に、イベント後、独占コメントをもらった。 ■ 何かの作品とコラボした空間も面白そう ――フル3DCGで製作された特別なランウェイステージ。実際、出演してみていかがでしたか? 周りが全部グリーンバックだったのと、僕はお客さんがいる方が緊張しないのもあって、逆にすごく緊張しました。不思議とお客さんがいないと安心できないので、ずっとそわそわしてました(笑)。 ――「こんなバーチャル空間あったら面白いかも」と思うシチュエーションはありますか? 何かの作品とコラボして、衣装もそ…