1万人が選んだ「平成・令和の記者会見」の舞台裏を一挙公開!

恵俊彰が総合司会を務める「テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース」(夜6:30-10:48、TBS系)を3月29日(日)に放送する。 これまで特別番組として過去5回放送し、「緊急報道特番の放送時間」「トップニュースの回数」「テレビ欄に登場したニュース」「ニュース速報の回数」「平成の号外」をテーマに100の重大ニュースをとりあげてきた。 第6弾となる今回は「最も印象に残った平成・令和の記者会見」をテーマとし、1万人にインターネット調査を実施。JNNの膨大なニュース映像を交えながら、調査結果を100位から1位まで番組内で発表する。 また、100位から1位までのニュースの発表に加え、そのニュースに隠された“今だから語れる真実”と“新たなスクープ・驚愕の新証言”、さらに“初公開映像”にこだわり、重大ニュースを検証していく。 ■ 遺族が見つけたという“下書き” 当時、人気絶頂だったフリーアナウンサー・逸見政孝さんが1993年に行った衝撃のがん告白の記者会見の舞台裏に迫る。 会見では、逸見さん本人が自らががんであることを公表したのだが、こうした“がん公表”の会見を行うことは当時は異例で、大きな話…