大友花恋、MCラジオ番組最終回に「始めた時、高校3年生でおかっぱのこけしちゃんみたいだった」

女優の大友花恋が3月25日、自身のオフィシャルブログを更新。同日、大友がMCを務めるラジオ番組「クラスメイトは大友花恋!」(文化放送)の最終回を迎え、「一瞬の例外もなく私らしさのつまった楽しい時間でした」と心境を明かした。 大友は、現在ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバー・佐野勇斗と、女優の飯豊まりえがW主演を務めるAbemaTVドラマ「僕だけが17歳の世界で」(毎週木曜夜11:00-11:30、AbemaSPECIAL)に出演中。 同ドラマは、幼なじみの航太(佐野)と芽衣(飯豊)が、お互いに“好き”という気持ちに気付くも、思いを伝えることなく突然航太が死んでしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるというファンタジー・ラブロマンス。 大友は、飯豊演じる芽衣の親友・野田はるか役。はるかは地元で美容師をしており、7年ぶりに帰ってきた芽衣に寄り添いながら心の内に耳を傾ける、友だち思いの女性だ。 この日は、「最後のくらかれ」と題してブログを更新し、「今夜、3年間続いたラジオ、クラスメイトは大友花恋!が最終回を迎えます」とファンに報告。 「ラジオを始めた時、高校3年生でおかっぱのこけし…