“異才”池田エライザ、カリスマモデルから映画監督へ プロデュース能力&クリエイター精神で自身の道を切り開く

池田エライザが初めて監督を務めた映画「夏、至るころ」が12月4日(金)に公開となる。2009年にファッション雑誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得し、美少女モデルとしてデビューした池田。“自撮りの神”と呼ばれモデルとして注目を集める一方、オーディションに落ち続けたという駆け出しの女優時代を経て、今年24歳にして映画監督に。その原動力は、情報発信ツールとしてのSNSにいち早く目をつけ、ファンの声を生かし自ら編集長としてモデルブックを制作するなど、類まれなプロデュース能力とあくなきクリエイター精神にあった。 ■ 園子温氏絶賛「業界をゆるがす存在になるだろう」 池田エライザは1996年4月16日生まれの24歳。13歳だった2009年に「ニコラモデル・オーディション」でグランプリを受賞し、同年9月から「ニコラ」(新潮社)専属モデルとして活動を開始した。 2013年には「CanCam」(小学館)専属モデルに転身。モデルとしてブレイクし、ティーンのカリスマとして絶大な人気を誇るようになっていった。 さらに、当初から目指していた女優としての活動にも意欲的に挑戦。映画「高校デビュー」(201…